2019年11月8日金曜日

国際セミナーでは何をやったのか・その4

前回、書いた時から一カ月が経ってしまいました。

間が抜けてしまいましたが、「つづき」です。
今回は具体的なワークについて書いてみます。

結局、今回の国際セミナーでは「祈り」というテーマでしたが、
ミカエルが主にやったワークは2つ。

1・何十回と4大ワークを「祈り」と呼吸を合わせながら行うものというもの。

2・2人1組となって、パートナーが関節技をかけてきます。
痛みが走りますから、それを呼吸(バーストブリージング)で散らします。
ここまでは今までも普通のワークでやっていますから、経験者も多いでしょう。

しかし、ミカエルは「その痛みの背景にある〝恐怖〟といったものは、
呼吸だけは取り除かれない」と言います。

「恐怖」や「恐れ」「恨み」といったものは、その人の生い立ちやトラウマや家族関係
からも生まれていて、それを本当に取り除くには「祈り」が必要だというのです。
ですから、ワークとしては「パートナーに関節技をかけてもらって、呼吸で痛みを
散らす。しかし、それでも感じる痛みは呼吸しながら〝祈り〟によって癒す」という
ことになります。

練習するパートナーがいるならば(2)を、
1人で練習するならば(1)を推薦していました。

モスクワからの帰国後、システマ湘南でよく行っていたワークは「歩きのワーク」です。
「1歩で吸って、1歩で吐く」から始まって、「2歩で吸って、2歩で吐く」と
歩数をあげていって、最終的には「15歩で吸って、15歩で吐く」という例のアレです。

これを祈りに合わせていく。
「ゴスパジィ・パミールィ」と祈るならば、
「ゴスパジィ」で吸いながら1歩、「パミールィ」と吐きながら1歩……
「ゴスパジィ」と吸いながら2歩、「パミールィ」と吐きながら2歩……
歩数を上げてきます。当然、2歩、3歩、4歩と歩数が上がっていくにつれて、
「ゴースーパージーィ」と祈りもゆっくりと、唱え方が伸びていくわけですが、
途中で何歩目だからわからなくなります。
だから、ミカエルは指で「歩数を数えてもいい」と言っていました。

祈りながら、呼吸をしながら、歩いて行くと、他のことは何も考えられなくなります。
要するに、頭が空っぽの状態に近くになっていくのがわかると思います。

システマのいうところの「何も考えるな」を感じるには、
いいワークだと思っています。

「祈り」の声聞は何でもいいようなので、よかったら試してみてください。

「オカルトチック」で、このようなワークを嫌う人もいるでしょう。
ミカエルもそれはよく分かっているようでした。

「私が変なことを言っていると思う人もいるでしょう。
しかし、これは私が体験から得た間違いなく効果のある方法です。
私はそれをあなたがたに教えただけです。
やるかやらないかは、あなたたちの自由です」
と言っていました。

とりあえず、国際セミナーのワークの話はこれで「おわり」ます。

ミカエル、ヴラッド、とても楽しい国際セミナーありがとうございました。
湘南のメンバーのみんなと記念撮影。





2019年10月4日金曜日

国際セミナーでは何をやったのか・その3

今回の国際セミナーでは「祈りと呼吸を合わせろ」というのが肝でした。
こういうと、システマを知らない人は、
「やっぱり、システマはトンデモ武術だったぁぁぁ!」と思う人も多いでしょうし、
それを非常に懸念するのですが、
システマがロシア正教を影響を非常に受けているので、
自分はさほどには驚いていません。

もう5年ぐらい前になると思います。
ミカエルが来日セミナーをした時に、システマ湘南の当時常連だったCさんが、
懇親会でミカエルに質問しました。
「システマの呼吸は、ロシア正教の祈りの呼吸と一緒なんじゃないんですか?」
そしたら、ミカエルは
「それが知りたければ、明日の昼休みに来てくれ、説明するから」と。
Cさんは横浜の日本正教会で改宗した正教徒でした。

次の日の昼休み、
ミカエルはCさんにロシア正教の祈りの呼吸とシステマの関係を説明してくれて、
自分が持っていたコンボスキニオン(チョトキともいう)をCさんにあげました。
(いつもミカエルがセミナーの時に手首に巻いている数珠のようなものです)

この時、Cさんがミカエルに尋ねたのがまさに「イイススの祈り」でした。
私はCさんに「ロシア正教の呼吸法について詳しいですね」と聞いたら、
「この本が参考になりますよ」と教えてくれたのが「無名の巡礼者」という本でした。

いま、Amazonで見ると1万円以上はするのですが、当時は3000円ぐらいで買えました。
短い祈りを繰り返していくという、今回のセミナーでミカエルが提示した同じ方法が
書かれています。とはいうものの、いまだ私の本棚で眠ったままです(笑)。

正教で行われているイイススの祈りがどのようなものであるのか、
セミナー2日目の終わりに、修道女の方が来て説明したのですが、
ロシア語と英語でまったくわかりませんでした。
日本に帰ってきて、調べたら、名古屋の正教会で説明されていたことが当てはまります。
呼吸に関する部分だけ抜粋します。

〈祈りのリズムと呼吸を合わせることです。全体としては、霊的な指導者なしにこのテクニックを用いることはお勧めしません。しかし、一番シンプルなテクニック、前半で息を吸い、後半で息を吐くことならできるでしょう。「主イイススハリストス神の子よ」で息を吸い、「我罪人を憐れみ給へ」で息を吐きます。これ以上複雑な方法はエキスパートの指導者のもとで個人的な霊的指導を受けながら行ってください。イイススの祈りを呼吸に合わせるのは、体を祈りにとりこむ目的があります。祈りを私の呼吸と同じように、規則的で自然で、本能的な要素にするためです。私が「祈る」のではなく、私が祈りになるのです。もはや私ではなく、私の内にあるハリストスです。これがイイススの祈りの目的です。私の祈りはイイススの祈りと一体になります。〉

ここでは正式な祈りのセリフをもとに説明されていますが、「主よ」で息を吸い、「憐れめよ」で息を吐くというのは、当然ながらミカエルの説明とまったく一致します。

詳しく知りたい方は、以下のページにアクセスしてみてください。(つづく)
nagoya-orthodox.com/ja/正教の霊性は人格をどうとらえるか_イイススの祈りの実践.htmlあr

国際セミナーでは何をやったのか・その2

ミカエルが祈りのセリフを唱えながらワークをするように、と言ったわけですが、
では、何を唱えればいいのか。

ミカエルおすすめは、東方正教会に伝わる「イイススの祈り」です。
日本語:主よ、われを憐めよ
ロシア語:Господи, помилуй(ゴスパジィ・パミールイ)
英語:Lord have mercy(なぜかセミナーでは、God Blessと訳されていた)

でも、ミカエルは「正教にこだわることはなく、
各国に神へ捧げる祈りはあるのだろうから、それでいい」と言っていました。

日本で言えば、仏教では「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」あたりでしょうか。
神道だったら、神社でお参りする時の言葉「はらいたまえ きよめたまえ」
もしくは、大祓詞の冒頭「たかあまはらに かむづまります」などはいかがでしょうか。

スピリチュルの世界では「〝ありがとう〟を5万回言うと、奇跡が起こる」という話も
あるそうですから「ありがとう」を繰り返すのでもいいと思います。

この手のセリフを唱え続けるというのは、瞑想法にはつきもので、
ちょっと瞑想を齧った人だったら「マントラを唱えながら瞑想する」手法は
知っていると思います。

マントラとは呪文のことですね。
般若心経に後半に出てくる「ギャーティ ギャーティ ハラソウ ギャーティ」
というのもマントラです。

マントラを唱えながら瞑想すると、雑念が起きにくいと言われています。
マントラは唱えやすいものであれば何でもいいと言っている人もいます。
極端な話、「カレーライス」でも「寿司」でも、好きな女の子の名前でもいい。
あまり具体的なモノの名だと、かえって雑念が湧いてしまうかもしれませんね。

大切なのは唱えやすいことだと思います。
「南無阿弥陀仏」も「なむあみだぶつ」と唱える人はいない。
宗派によっても違うのでしょうが、「なんまんだー」とか「なんまいだー」とか。

音的にいえば、「なんみょーほうれんげーきょー」も言いやすい。
「なんみょー/ほうれんげいきょー」はそれぞれ音が「U」で終わっていて
韻を踏んでいるからです。
美輪明宏さんによれば、どうも最強のお題目らしいです。

よくシステマでは「頭をからっぽにしろ」「考えるな感じろ」と言われます。
頭をからっぽするということは、雑念を捨てることでもあります。
呼吸をしながら、マントラを唱え続けることは、「雑念を払う」という意味だけでも
効果がありそうな感じもしますが。

さて、あなたはやってみますか?
どの言葉を選びますか?
(つづく)
↑国際セミナーでのミカエル


2019年10月3日木曜日

国際セミナーでは何をやったのか・その1

早いもので、モスクワセミナーから帰国してもう2週間が経とうとしています。

今回のセミナーはかなりシェアしずらい、というか、
誤解を生むような内容も含まれているため、何を書こうと悩んでいて、
システマ東京の北川さんやシステマ吉祥寺の西部さんの書いたものなどを読んで、
ここまでは書いてもいいのかなという内容と、私の解釈を書いてみようと思います。
(すでにフェイスブックでは一部書いています)

これまでミカエルが教えてくれたシステマには、2つの次元がありました。

ひとつが「エクスターナル」、フィジカルの次元で体の動かし方を鍛えるレベル。
二つ目が「インターナル」、センシティブ(感覚)の次元、内観をメインにしたレベル。
ミカエルの考え方では、その上にスピリチュアルな次元があるということでした。
一口でいば(ザイコフスキー的に言えば)「神の声を聞け」ということです。

こう書いてしまうと、「何、それ、インチキくせぇぇぇぇ」と思われるかもしません。
でも、これまでシステマの練習をしてきた人は思い出してください。

システマでは姿勢を重要視して、姿勢を正して、胸を広げ、意識を広げます。
(オープン・マインド)
自分が立っているところの床→壁→天井→屋外にまで意識を広げてきます。
(これまでの練習はここまで)
それを、もっと、どんどん意識を広げていけば、最終的には宇宙に行ってしまう。

宇宙まで意識がつながっていく。私自身はこう考えて、
それがミカエルの言うところの「神」を意識するということではないかと思ったのです。

まあ、国際セミナーには日本語の通訳はいないし、
英語もロシア語もよく分からないので、
ミカエルが細かくどう話しているかは分からないのですが、
ワークとして以下のようなものです。

ワークをしながら「祈り」の言葉を言う。実際には心の中でつぶやくわけです。
「四大運動、50回ずつやって」「もう50回やって」「また50回やって」と言われる中で、
プッシュアップ、スクワット、レッグレイズ、シットアップを
常に「祈り」を唱えながらやり続ける。

大切なのは、まず呼吸と動作を合わせること。呼吸が全身くまなく通っていること。
それがちゃんとできるようになったら、祈りのセリフに合わせます。

祈りのセリフとは何なのか。
セミナーでは東方正教会に伝わる「イイススの祈り」を教えられました。
日本語訳でいえば、「主よ、われを憐みたまえ」(短縮形)というものです。
日本正教会では「主、憐れめよ」と祈っているらしい。
正式には「主イイスス・ハリストス、神の子よ、我、罪人を憐れみ給え」です。
ワークをするには、短縮形でよくて、
「主よ」で吸って、「われを憐みたまえ」で吐く。

ロシア語では『Господи, помилуй』(ゴスパジィ・パミールイ、
ローマ字で表記すると、Gospodi pamilui)と言います。
音だけ聞くと、「ゴスパミパミリ」とも聞こえます。
英語だと「Lord have mercy.」です。

なぜかセミナーの通訳は「God Bless」と訳していました。
これは「God bless you」の略で「あなたに神のご加護がありますように」という意味。
くしゅみをした時に、外国人の友人から「お大事に」という意味で言われたことが
ある人もいるかもしれません。
ですから、祈りという意味では、ちょっとニュアンスが違うかもしれません。
(つづく)

モスクワセミナーで、モスクワのマスター・ミカエルと、トロントのマスター・ブラッドとのスリーショット。

2019年9月4日水曜日

システマ人口はどのくらい?

ちょっと前の話です(フェイスブックでも書いた話のほぼ再録)。

土曜日のクラスが終わった後、鎌倉武道館の更衣室で着替えていたら、
参加者のOさんが、弓道をやっているおじさんから質問されました。
「あんたたち何やっているの?」
「システマです」と答えたら「知らんなあ、それは何?」と言われたので、
一生懸命に説明していました。

Oさんは、
「知らないのも無理はないですよ。日本でも1000人ぐらいしかやっていないから」
と答えていましたけど、私は個人的な感覚では1000人もやっていません。

だいたいマスタークラスのセミナーで東京で150人、大阪で100人ぐらいが来ます。
この人たちがコアな層として250人。あとプラス何人いるかです。

私は以前、システマ大阪のインストラクターの大西さんに
「日本のシステマ人口400人ぐらいでしょう」と言ったら
「いくらなんでもそれは少なすぎる。ジャパンで100人、システマ東京で100人、
システマ大阪で100人ぐらいいるから、これで300人。あと100人ということは
いくら何でもない」と。
「じゃあ、500人ぐらいですかね」
「もっといるんとちゃうか」

九州に50人、四国に50人、中国に50人、近畿東海に50人、東北に50人、
北海道に50人として300人。600人というところでしょうか?

システマ人口は600人ぐらいではないか――ということをフェイスブックに書いたら、
「そんなにいるはずはない」という声もあって、
少なく見積もる人で200人ぐらいから、多くて500人ぐらいという感じでした。
400人から500人ではないかというのが、妥当な解答のようです。

一方で九州で50人と見積もりましたが、システマ福岡だけでも100人ぐらいいるそうで、
そうなると、もっといるかなとも思いました。

競技者団体があるグループだと、日本セパタクロー協会が522人、
日本カバディ協会が234人ですから、その中間ぐらいでしょうか。

しかし、日本はモスクワのインターナショナルセミナーでは、
ロシアを除けば、いつも参加者が最も多い国です。
海外インストラクターのセミナーの数も多く、マスタークラスが来日すれば、
東京では200人近くが集まります。
書籍やDVDも多く発売され、
愛好者500人だとしても、世界から「システマ大国」と呼ばれているのです。

インストラクターやIit(準インストクラター)も60人以上はいると思われます。
ロシアを除けば、こんなにインストクラターが多い国もないのでは?
もう少し広まってもいいような気もしなくもありません。

2019年8月15日木曜日

ザイコフスキー用語の捉え方

ザイコフスキーが作ったシステマ用語はいろいろとあります。
これらはトロント本部では使われていません。
たとえば、「コネクト」「ステイト」「インターナルフォーム」「フォーム」。

「インターナルフォーム」や「フォーム」は、ザイコフスキー以外に、
使っているモスクワのインストラクターを見たことがありません。

これらの言葉について詳しく聞いても、ザイコフスキーは教えてくれません。
「言葉にこだわるな。自分は本当は教えるのに言葉は使いたくない。
大人数を教えるために、仕方なく、言葉を使っているだけだ。
少人数であれば、言葉を使わないで教えられる」

でも――。
この1、2年はムーブメントという言葉も時々使います。
パワーではなくムーブメントを使え、とか。
普通に動いていると、それはパワーを使っていると言われる。
「動きではなく、ムーブメントって何なんだ?」と思いますよね。

モスクワのレギュラークラスに行くと、人数が少ないので、
ザイコフスキーに「何がムーブメントですか」と質問すると、
「かかってこい」と言われて、ボコボコにされて、
「これがムーブメント」だと言われます。

それで分かるほど、私の体は賢くないんですけど……。
言葉を使ってなくても、分かりづらいんですが……。

日本の武道の世界というと、江戸時代はともかく、
近代において、とにかく根性論や精神論が流行った。
練習の量だけをこなしていく。

それに対して、欧米では科学的なアプローチをしていく。
体に無理させることなく、最も効率よく鍛えていく。
現象を分析して、理論や理屈で教えていく。

一方で、モスクワの教え方というのは、日本の職人の世界っぽい。
とにかく、やってみて感覚で覚えていく。
ロシアというのは「感覚」の世界なんだな、と最近思います。

さて、ザイコフスキーの分かりづらい言葉をどう捉えていくのか。
最初はやっぱりイメージかと思っていました。

たとえば、フォームにしても「呼吸で体を満たす」と言われる。
呼吸って肺にしか入らないじゃないかと思って、
こういう時に「それはイメージなんですか」とザイコフスキーに聞くと、
かならず「イメージではない」という答えが返ってきます。
「それは実感なのだ」と。

だから、最近はもうこうした質問はしないのですが、
実感だと考えてしまうから、大げさに思ってしまうのですが、
いってみれば「感覚」(sence)なんですね。感じること。

イメージではなくて、感覚。

呼吸を満たすのも、感覚で捉える。

イメージだけだと思ってしまうと、その先には行かないし、行けない。
最初はイメージでもいいのだけど、感覚を追っていけば、
なんとなく、少しずつその感覚が分かってくるような気がします。

今さらながらの解説のような気もするのですが、
ザイコワークをやっていると、「それってイメージですか」と、
参加者から聞かれることも多いので、
自分なりの今の考え方を書いておこうと思いました。

人が本来持っているはずのもので、失っている感覚に、
ザイコフスキーは名前を与えているのかもしれません。

2019年8月14日水曜日

2019年前半ザイコフスキー蔵出し名言集

システマ大阪の大西インストラクターの大いなる進化を目の当たりにしました。
 「今年の台湾のザイコセミナーと、5月のミカエルセミナーがヒントになった」と
語っていました。

大西さんほどザイコから多くを吸収できているわけではありませんが、
今年の前半もザイコはなかなか良いことを言っていたなと思い、
私のメモから「ザイコの名言集」を収録してみました。
(聞き間違いもあるかもれません)

どんなワークか分からなくても、分かるようなものを集めています。
「何を言っているんだろう」と思われた方は、ザイコセミナーによく参加されている
インストラクターに聞いてみられるといいと思います。

2019年2月2日大阪
(以下は全てストライクのワーク)
「相手のイライラする先にあるものを自分は打たないといけない」
「(相手のパンチが来る)それをチャンレジとして受け取ってはいけない」
「自分への罰だと思ってストライクを受ける」
「相手から独立することは相手を無視することではない。
それは自由ではない。自由とは無視することではない。
限界を外すのが自由である意味」
「相手を思いやるのは自由度のある人しか出来ない」
「パンチする人はやりすぎない。やりなすぎるのも良くない」

2月3日大阪
(以下もストライクのワーク)
「肉と出会わずにターゲットに出会う必要がある」
「強くなくとも、軽くても、クリーンなのがいい」
「人にパンチする時に自分のインターナルが解放されないといけない。
インターナルがしまっていてはうまく出来ない」
「その人のためにやる。ポンとうまくできる」
「魂がオープンでなければいけない」

2月8日東京
「体ではなく、呼吸を動かそうとする」
「体の中に筋肉がないかのごとく、動きたい」
「ただ呼吸が体を動かしている」
「呼吸のまま動けば、適切な筋肉が動く」
「動きの自由度を感じてください」
「自分で自分の自由度を損ねない」
「体は影、心が本体」

2月9日東京
「何が起こっているのではなく、何を起こしたいのか」
「インターナルな頑張りを、日々の動きの中で減らしたい」
「インターナルな頑張りは、自己愛から来ている」
「一つ頑張りに気づいたら、一つなくしていく」
「動き始めと終わりが難しい」
「内側の頑張りがなければ相手は(こちらの動きを)感じない」
「うまく出来ているバロメーターは相手が微笑み出しているか」
「相手がやりたいと思っていることを普通に変えてあげる」
「クオリティが大事」
「相手に自分の体の一部を捧げる必要がない」
「自分のアクションではなく、自分の存在のなせる技だ」
「フィジカルなコンタクトの後に起こることが大事でなく、
その前に大事なことが起きている」
(相手をテイクダウンした時に)「相手を床に落としているのではなく、
相手に自分の自由を少しあげている」

2月10日東京
「ステイトの濃さに気づける能力を発展させたい」
(相手にロックされたら)「自分の自由度を自分で妨げなければ、
人間の体はそう簡単にロックできないようにできている」
(ロックされた状態でも)「やりたいことができることを
思い出してください」
「相手と非対称であることよりも自由であることと言いたい」

2月11日東京
「自分がやっている努力と成果が正比例すると思わない方がいい」
(この場合の努力とは『頑張った努力』ということ)
「頑張ってパワーを出すものではない。クリーンであればあるほどいい」
「(人間の体を)音のなるピアノだと思って、鍵盤を一つ二つと、
叩いて遊んでみる」
「鳴らなければ音は聞こえてこない」
「鍵盤を押して音を聞き逃したら全て台無し」
「何かしようとする前にコネクトしてワークする」
「呼吸が、自分が動く前から始まっていないといけない」
「自分(の力や体)ではなくて、相手に存在感を伝えないといけない」

4月20日台湾
(通訳なしなので、間違っているかも)
「(自分を体をグラスにたとえて)グラスを動かすのはなく、
中の水を動かすようにする」
「シームレスに動く」

4月21日台湾
「外からもパワーが来る」
台湾は英語なので、ほとんど名言は聞き取れず。


2月11日、ザイコフスキー氏とシステマジャパン本部にて↑